【レビュー】ダージェリン ブティック (Darjelling Boutique)は立地最高だけど、やや問題ありなホテル

【レビュー】ダージェリン ブティック (Darjelling Boutique)は立地最高だけど、やや問題ありなホテルのアイキャッチ バンコク

タイ旅行初日に泊まったホテルのレビュー記事です。

 

今回はタイに着いたらバンコクで1泊だけして、次の日には移動する予定でした。

そんなわけで、初日はどうせ半日部屋を借りるだけだし安いドミトリーでもいいかなーと考えていました。

 

しかし、久々のタイ旅行初日となれば、確実にテンションが上がっています。

ドミトリーだと人目を気にしつつマナー良く過ごさないといけないので、高まる気分を解放できずウズウズしてしまうでしょう。

 

部屋に着いたら、パンイチでベッドに転がりながらシンハービールを片手に旅の始まりに乾杯したいはずです。

 

ということで、「寝るだけだからドミトリーでいい」なんて野暮や考えは投げ捨て、そこそこな値段でそこそこな個室に泊まれるホテルはないか探してみることに。

 

宿泊条件

①部屋が広くて、ベッドも大きい

②立地はBTS沿い、出来れば便利なアソーク駅

③安い(1泊1000バーツ円以下)

という女子大生の物件探し並みの欲張りな条件のもとAgodaでホテルを探していると、ほぼ条件に合うダージェリンブティック(Darjelling Boutique)というホテルを見つけました。

アラブ系の紳士服屋か、美味しそうなティーをイメージさせる、意味はよくわからないホテル名ですが、日本人宿泊者からのレビューはまずまずで、総合評価も7.4とこのクラスのホテルでは悪くないです。

「うむ、ここなら旅の始まりにふさわしい。」と満足げにポチっと予約をして現地に向かいました。

ホテルの場所

地図を見ての通りBTSアソーク駅地下鉄スクビット駅に近いです。
バンコク市内を電車で移動するなら立地はほぼパーフェクトでしょう。

ホテルのすぐそばに大きなスクンビット通りがあるので、タクシーも簡単につかまります。

行き方

f:id:JoeGreen:20180511172341j:plain

BTSアソーク駅から行く場合は、改札を出て高架になっている歩道をExchangeTower方面(HISとは反対側にある大きなビル)で降りて、スクンビット通りをプロムポン駅方面に歩きます。

f:id:JoeGreen:20180510180033j:plain
50mほど歩くとスーツのテイラー屋の前に通路が見えますので、そこを右に入ります。

 

f:id:JoeGreen:20180510192308j:plain

 

f:id:JoeGreen:20180510192224j:plain

到着しました!

行き方は簡単ですが、夜だと少し分かりずらいかもしれません。

ん?想像していたよりも小さいホテルです。
勝手に駅前にある東横インくらいの大きさをイメージしていました。(笑)

1階ロビー/受付

f:id:JoeGreen:20180510192335j:plain

f:id:JoeGreen:20180510192403j:plain

1階ロビーは簡素です。

 

特別きれいではないですし、広々としたロビーにビシッっと立っているポーターがいるわけではないので、ホテルに来た感は薄いです。

しかし、受付の人はタイスマイル全開で愛想がとてもよかったです。

英語が通じて、アゴダからの予約にも慣れた様子だったのでスムーズにチェックインできました。

f:id:JoeGreen:20180510192418j:plain

受付カギを貰ってエレベターで部屋のある4階に向かいます。

 

4階フロア

f:id:JoeGreen:20180510192452j:plain

f:id:JoeGreen:20180510192523j:plain

小さいホテルなので、1フロアあたり5部屋くらいしかないので凄く静かです。

 

スーペリアルームの中は

スーペリアルームは窓なし

f:id:JoeGreen:20180510192628j:plain

f:id:JoeGreen:20180510224933j:plain

おーベッドが大きくていい感じじゃないですか。

日本のビジホ水準で言えばダブル以上、クイーンサイズ以下といったくらいですね。

タイのいいところは、安いホテルでも広くて大きいベッドの部屋が多い点ですね。
日本の格安ホテルだと狭くて棺桶のような細いベッドのことも珍しくはないです。

ただし、このスリーペアルームは窓がないです。

部屋にある照明を全て点けてもやや暗いのと、外の空気を入れられないのはマイナスポインになるかもしれません。

 

窓ありの部屋は、日によっては窓無しスリーペアルームとほぼ値段が変わらない時もあるので、値段差が少ない時は迷わず窓ありルームを選んでおいた方がいいでしょう。

 

シャワールームが丸見え

 

この通り部屋からからシャワールームが丸見えです。(笑)

アゴダで見た写真だと「へぇ、シャワーが見えるんだー」くらいであまり気にならなかったのですが、実際に見てみると窓が大きくて丸見え感が凄くてびっくりします。

 

f:id:JoeGreen:20180510194412j:plain

窓はブラインドを降ろせるようになっているので、強制シャワー鑑賞になることはありません。

 

スケベな紳士たちの連れ込みホテルと化しているわけではなさそうでしたが、設備があからさま過ぎて人によっては受け付けないかもしれませんね。

  

バスルーム

f:id:JoeGreen:20180510195812j:plain

洗面所は清潔です。
トイレットペーパーあり。

 

石鹸・タオル・ドライヤー付き

f:id:JoeGreen:20180510200002j:plain

f:id:JoeGreen:20180510200029j:plain

アメニティは石鹸と小タオル2つとバスタオルが2つ置いてあります。

ドライヤーも付いています。
浴槽側にシャンプーとボディーソープもあります。

 

日本のホテルではドライヤーはほぼ間違いなくありますが、タイだと1000バーツ前後の安宿では置いてないことの方が多いです、

安いホテルに泊まる時は、レビューなどでドライヤーの有無を確認するか、荷物に余裕のある方は持参することをオススメします。

浴槽は広いが古さは目立つ

f:id:JoeGreen:20180510200737j:plain

このクラスのホテルにしてはかなり大きな浴槽ですが、パッキンやタイルの汚れと劣化が目立ちます。

 

 そして一番の問題点が、シャワーの勢いが弱くて温度もぬるいこと。

 

洗面器の方はアツアツのお湯が出てきたので、給湯器のつけ忘れというわけではないと思います。 

水圧はクレームつけるほどではというレベルでしたが、温度はシャワーを強めにすると体感35度くらいにしかならず、かなりヌルかったです。

 

水圧を超弱めたり、いったん止めたりと工夫すれば、なんとかお湯と言えるくらいの温度にはなりました。(笑)

 

せっかく大きな浴槽があるのにもったいないですね。

 

アゴダのレビューを見るとお湯のことを書いている人は少ないので、部屋によって当たり外れがあるようです。

 

 テレビのチャンネル数はまずまず

f:id:JoeGreen:20180510230105j:plain

テレビはそれなりにチャンネル数があります。
日本のチャンネルだとNHKワールドやアニマックスが映りました。

タイまで来て使う人がいるかはわかりませんが、DVDプレイヤーがついています。

 

f:id:JoeGreen:20180510230408j:plain

ひたすら動物同士の戦いを映す専門チャンネルを見て苦笑い。

 

ビジネス利用ができるデスク

f:id:JoeGreen:20180510230717j:plain

机と椅子はしっかりした物が置いてありるので、パソコンを置いて作業するこも出来ます。

 

Wi-Fiが早い!

 

f:id:JoeGreen:20180510230927p:plain

Wi-Fiのスピードを計ってみました。

 

DL 30Mbps / UL 7Mbps

 

さすがは先進都市バンコクです。

これだけ速度が出ればネットサーフレベルなら全く問題ありません。

 

 ミニバー付き

f:id:JoeGreen:20180510231846j:plain

f:id:JoeGreen:20180510232101j:plain

割高なのでめったに使わないけれど、あるとホテルっぽさが増して嬉しいミニバーつき。

 

f:id:JoeGreen:20180510232446j:plain

グラスと栓抜きもあります。

 

 セイフティーボックスが故障中

f:id:JoeGreen:20180511173653j:plain

クローゼットを開けると中に金庫があります。

お、暗証キーで開けるちゃんとしたやつだ。

 

f:id:JoeGreen:20180511173545j:plain

貴重品を入れるために使おうとしたら、暗証キーがうんともすんとも言いません。

扉を開けて中を確認してみると、暗証キーの内部が壊れていてただのお飾り状態です。(笑)

 

f:id:JoeGreen:20180511174554j:plain

え、これ壊れてる…?と困っていた時に部屋の鍵を見てみると、セイフティーボックスの真ん中に挿せそうなマスターキーっぽいものを発見。

恐る恐るマスターキー風の物を挿して回してみるとロックがされていました。

 

わざわざカギと一緒についてるくらいだから、これを使ってくれってことでいいんですよね。

 

というわけで、セイフティーボックスは一応使えるということでOK…!(笑)

 

感想

よかったところ

・観光するなら最高の立地

・部屋はそこそこ広くてベッドが大きい

・小規模ホテルなので静か

悪かったところ

・お湯がぬるい

・金庫が半故障状態

 

いいところもあり、悪いところもあるホテルです。

上の2点を改善してくれればコストパフォーマンスの高い良ホテルになると思います。

 

料金はアゴダで予約して1泊3,555円でした。今のレートで約1,000バーツです。

 

普段カオサンの安宿なんかに泊まってバックパック旅行をしている人からすれば、かなり快適だけど、ちょっと割高に感じる。

一方しっかりしたホテルに泊まり慣れている人からすれば「これだから海外のホテルは…」という不満が漏れるでしょう。

 

そういう意味では1000バーツ前後のホテルはどの方面からも叩かれやすい中途半端な存在なのかもしれません。

それでも、東京で言えば山手線の主要駅を降りてすぐにあるような立地ですから割安なホテルだと思います。

 

僕と言えば、次回この辺でホテルを探す時は、即リピートせずに、まずは違うホテルも検討してみると思います。(笑)

 バンコクのホテル探しの参考になれば幸いです。

 

アゴダで料金を調べる

コメント