国際色豊かな安宿「カオサン京都ゲストハウス」に泊まってみた感想

国際色豊かな安宿「カオサン京都ゲストハウス」に泊まってみた感想のアイキャッチ ゲストハウス

カオサンと言えばバックパッカーなら誰もが知る、タイの首都バンコクにあるカオサン通り。

 

安宿やレストラン、お土産屋、クラブなどが密集していて、世界中から旅行者が集まるとても賑やかなエリアです。

 

そんなカオサンの名を冠する京都の宿「カオサン京都ゲストハウス」に泊まってみました。

 

ゲストハウスは海外旅行中に何度もお世話になりましたが、日本で泊まるのは初めてなのでちょっとドキドキです。

カオサン京都ゲストハウスは四条河原町近くの好立地

場所は京都のメイン繁華街、四条河原町まですぐの好立地。

 

祇園も歩いてすぐの場所にあります。

f:id:JoeGreen:20180209004741j:plain

宿の場所は大通りから歩いて2分もかからないので実質繁華街の中にあると言っていいです。

 

f:id:JoeGreen:20180209004925j:plain

寺町京極という大きなアーケード街が目の前なので買い物や食事には困りません。

 

周辺はながーい商店街とアーケード街が縦横に広がっていて、百貨店や大型商業施設が複数ありとても賑やかです。

 

ある意味よそ者が想像する京都っぽくはないエリアですが、京都で一番賑やかなエリアで交通の便もいいので、京都を電車やバスで観光するのならこのあたりの宿を候補にするのが無難です。

 

ゲストハウスの外観

f:id:JoeGreen:20180209005843j:plain

勝手に古民家風な建物をイメージしていましたが、意外にもずっしりとした外観です。

 

とはいえゲストハウスだし、扉を開けたら談笑スペースがホームパーティー状態の超アットホームな宿で、中にいる人たちに一斉に目を向けられたら恥ずかしいなぁー。

なんて要らない不安を抱えつつ中に入ると…。

 

チェックイン前の荷物預かり無料

f:id:JoeGreen:20180209011110j:plain

早朝に訪れたのでロビーはチェックアウト前のお客さんで混雑していました。

みなさん眠そうでこちらには無関心です。ホッ…(笑)

 

チェックインは午後3時からですが荷物の預かりは朝の6時から無料で利用できます。

大荷物のバックパッカーに優しいこれぞゲストハウスと言えるサービスですね。

 

僕はたいして重くない小さなリュックだけでしたが、ありがたく利用させていただきました。 

 

たまに、これからヒマラヤ登山に行くのかと聞きたくなるくらいの大荷物を背負ったまま平気な顔で観光している欧米人バックパッカーを見ますが、すごい体力だと感心してしまいます。

f:id:JoeGreen:20180209145225j:plain

身体が軽くなったところで京都観光に出発。

 

近くの「ネットルームマンボー京都三条店」でレンタサイクルを24時間500円という格安で提供していたので、自転車で京都観光をしてみることに。

※このお店は2018年1月末をもって閉店してしまいました。涙

 

他にもカオサン京都ゲストハウスの近くでレンタサイクルを提出しているお店はいくつかあります。

 

夜遅くまでじっくり観光を楽しみゲストハウスに戻りました。

 

シングル個室~10人部屋ドミトリーまで部屋の種類が豊富

f:id:JoeGreen:20180209163038j:plain

観光を終えて夜遅くにゲストハウスに戻ってきました。

受付でチェンクイン手続きをして、簡単な説明を受けてから部屋にある荷物入れのロッカーキーをもらいます。

 

チャックアウトは午前11時までです。 

 

このゲストハウスにある部屋の種類を説明しておくと

 

個室タイプ

  • シングルルーム
  • ツインルーム
  • ダブルルーム
  • トリプルルーム
  • 4人部屋
  • ファミリールーム(5,6名用)

ドミトリータイプ

  • 男女共用1部屋ベッド4台
  • 男女共用1部屋ベッド6台←今回泊まった部屋
  • 女性用1部屋ベッド6台
  • 男女共用1部屋ベッド10台 

部屋の種類はかなり豊富です。

トイレとシャワーはどの部屋でも共用です。

 

今回は1部屋に10台ベッドがある一番安いドミトリルームを予約したのですが、運よく1部屋6台ベッドのドミトリールームにアップグレードしてもらえることになりました。

 

泊まった日が年始で通常より割高だったのでラッキーです。

 

 

f:id:JoeGreen:20180209162511j:plain

フロアは5階建てで屋上もあります。

ゲストハウスとしてはかなり大規模なのではないでしょうか。 

 

f:id:JoeGreen:20180209162837j:plain

エレベーターで5階に上がると正面に下駄箱が。

ここから先はジャパニーズスタイルで靴を脱いでスリッパに履き替えます。

 

f:id:JoeGreen:20180209163532j:plain

ドミトリーなんて海外旅行以来だから緊張するなー。

ドキドキしながら扉を開けると…。

 

6人部屋ドミトリーはこんな感じ

f:id:JoeGreen:20180209164212j:plain

くらっ!

部屋の灯りがついていません。もしかして一番乗り?

 

f:id:JoeGreen:20180209164242j:plain

灯りを点けるとベッドのカーテンが閉まっていたり、荷物が置いてあったりと先客がいるのがわかりました。

 

夜の9時過ぎていたしそりゃいるよね。

 

誰もいないと思い「ふぅ~疲れた^^」とかアホっぽい溜息を思いっきりついてしまったのが恥ずかしい…(笑)

 

思い出しましたが、ドミトリーの部屋って基本的に1日中灯りを点けないで暗くしているところが多いんですよね。

f:id:JoeGreen:20180209165341j:plain

こんな感じで部屋には2段ベッドが3台あります。

左奥には鍵付きの個別ロッカーがあります。

 

6人部屋なのでそこまでゴミゴミしていなくいい感じです。

f:id:JoeGreen:20180209165856j:plain

今回泊まる場所は2段ベッドの上段でした。

木造のベッドなので多少きしみますが気になるほどではないです。

 

f:id:JoeGreen:20180209170142j:plain

ベッドもシーツも清潔で申し分ないです。

カーテンを閉めてしまえばある程度プライバシーが保たれた空間になります。

 

f:id:JoeGreen:20180209170917j:plain

照明の下にコンセントが1か所付いています。

 

シンプルですがドミトリーの部屋は思った以上にいいですね。

 

ただ、やはり共同部屋なので独特の人っぽい、初めて行く友達の家のような嗅ぎなれない匂いが部屋に漂っていて最初はちょっとウッ…となります。

 

10分もすれば慣れて気にならなくなりますが、これはドミトリーの宿命ですね(笑)

 

洗面所・シャワールーム

f:id:JoeGreen:20180209173444j:plain

トイレと洗面所・シャワールームは各階にあって、3階は女性専用となっています。

 

f:id:JoeGreen:20180209171725j:plain

f:id:JoeGreen:20180209172449j:plain

5階は洗面所が6台、シャワールームが2部屋ありました。

 

普通に清潔で気持ちよく使えました。

 

24時間使える交流ラウンジ・キッチン

f:id:JoeGreen:20180209173534j:plain

4階に24時間使えるラウンジとキッチンがある交流スペースがあります。

今回はほぼ寝るだけだったので利用しませんでしたが、チェックアウト前に様子だけ見てみました。

 

f:id:JoeGreen:20180209173818j:plain

f:id:JoeGreen:20180209174006j:plain

ラウンジスペースは和風な造りで広々しています。

ソファや椅子がたくさんあるので大人数がのんびりくつろげるようになっています。

 

ゲストハウス一番の醍醐味は交流スペースがあって、他の宿泊客と交流しやすいことです。

 

勇気を出して声をかけてみたり、輪に交わってみるといつの間にか意気投合して、一緒に観光したり、夜中までお酒を飲んで語り合ったりと思わぬ形で楽しい思い出が作れたりします。

 

1人だと最初は多少の勇気がいりますが、ここは長期滞在者だらけのゲストハウスという感じではなかったのですし規模も大きいので、1人で行っても輪に入れないということはないでしょう。

 

偉そうなこと書いてる僕もいざ話しかけるとなると生まれたての小鹿ちゃんみたいにプルップルに緊張しちゃいますけどね。(笑)

f:id:JoeGreen:20180209180357j:plain

f:id:JoeGreen:20180209180422j:plain

キッチンと冷蔵庫も付いていて24時間使い放題。

 

スーパーは近くにいくつかあります。

 錦市場で買ってきた食材をうまく調理できたら人気者になること間違いなし!(笑)

 

f:id:JoeGreen:20180209181603j:plain

ランドリーも完備されています。

洗濯機 40分200円

乾燥機  60分100円

 

 

感想

f:id:JoeGreen:20180209191953j:plain

ゲストハウスやドミトリー初心者でもオススメできる

僕はゲストハウスのドミトリーというと途上国にある日本人宿のような、安いけどゴチャゴチャしていて汚い、でも凄くアットホームで過ごしやすいというイメージを持っていました。

 

ここもカオサンなんて名前ついてるし、そんなノリの宿なのかなって思っていましたが思った以上にきれいで設備も整っていて過ごしやすかったです。

 

小規模でアットホームすぎて、泊まったら絶対スタッフや他のお客さんと交流しないといけないみたいな雰囲気ではないですし、一方でただの安宿のような交流が全くないドライな雰囲気でもないので、自分次第で距離感を保てるちょうどいいゲストハウスだと思います。

ゲストハウスやドミトリーに慣れていない方にもオススメできる宿です。

日本人1人でも浮かない?

僕が泊まった時は宿泊客は圧倒的に外国人旅行者、特に韓国人の若者が多かったですが日本人旅行者もそこそこ見かけました。

爆買いアジア人が夜中まで大声で叫んでいてカオスみたいな雰囲気はなく、皆さんルールを守りマナー良く過ごしていまた。

とはいえ料金が安いドミトリーなので客層の当たりハズレはあるので、これはタイミングもあるのかなと思います。

スタッフの愛想も良く、日本人1人でも歓迎な雰囲気だったので1人で乗り込んでも全く問題ないです。

外国人旅行者との交流を楽しみたいなら、むしろ1人で乗り込んでみるのが一番いいと思います。

1泊の料金は?

年末年始だっということもあり10人部屋ドミトリーで1泊3500円とドミトリーとしてはやや割高でした。(今回は6人部屋に無料アップグレードしてもらいました。)

 

予約サイトで調べてみると普段は週末でも2000円台で泊まれるようなので、立地を考えてもコストパフォーマンスの高いゲストハウスだと思います。

 

① 楽天トラベルで料金を調べる

 

 ② じゃらんで料金を調べる

 

 

コメント