京都にある仮眠室付き格安サウナ&カプセル「ルーマプラザ」は男旅にオススメ!

京都にある仮眠室付き格安サウナ&カプセル「ルーマプラザ」は男旅にオススメ!のアイキャッチ サウナ

京都旅行で利用したお宿「サウナ&カプセルホテル ルーマプラザ」を紹介します。

宿と言っても今回お世話になるのはサウナの方で、中にある休憩所で寝泊まりします。

サウナに泊まる場合は共用の休憩室で寝ることになるのですが、テレビ付きの180度倒せるリクライニング席を利用できるので慣れれば結構快適です。

サウナ泊の魅力は安いところだと1泊3000円以下で利用できて、なんといっても種類豊富な大浴場とサウナにいつでも入り放題なところです。

京都にある仮眠室付き24時間営業のサウナ・健康ランドは2店のみ

f:id:JoeGreen:20180124020900j:plain

日本一の観光地京都ですが、仮眠室付きで24時間営業しているサウナや健康ランドは2店舗しかありません。

サウナ&カプセルルーマプラザ

www.rumor-plaza.jp

サウナベルデクラブ

www.sauna-verdeclub.jp

もっとたくさんあるかと思っていましたが、24時間(深夜)営業+仮眠室付きとなるとこの2店舗のみ。

「ルーマプラザ」「サウナベルデクラブ」どちらも男性専用でカプセルホテル併設。

料金は朝まで居座っても3000円以下とどちらも同じくらいだったので、今回は繁華街の中心にあってお風呂が良さそうな「ルーマプラザ」を選びました。

ルーマプラザの場所は観光&買い物に便利な祇園エリア

ルーマプラザがあるのは祇園エリア

すぐ近くに花見小路通八坂神社があって、 京都一の繁華街の四条河原町も鴨川を越えてすぐの場所にあるので観光、ショッピングどちらにも便利な場所です。

f:id:JoeGreen:20180206215345j:plain

お店に到着したのは午後8時ごろ

ルーマプラザがある通りは観光客でごった返していたので、混んでいたら、いやそもそも空いているのか心配になってきました…(笑)

f:id:JoeGreen:20180206215418j:plain

サウナの受付は6階、カプセルホテルの受付は3階にあります。

サウナは最大27時間利用できて2900円!

f:id:JoeGreen:20180206215442j:plain

深夜帯も滞在できるナイトコースは次の日の正午12時まで利用できて2900円

サウナは午前9時くらいに退館させられるお店が多いですから、退館時間はかなり遅い方です。

これなら朝風呂もゆっくり浸かれますね。

2300円のレギュラーコースで入っても600円の追加料金を支払えば同じく次の日の正午12時まで利用できます。

つまりは午前9時から翌日の正午まで、最大27時間滞在できて2900円です。安い

ただし途中外出、飲食物の持ち込みはできないのでご注意ください。

カプセルホテルの料金

f:id:JoeGreen:20180206215514j:plain

今回は利用しなかったカプセルホテルの料金はこちら

もちろん大浴場が使い放題で朝食バイキングも付いて4500円~は悪くない料金です。

f:id:JoeGreen:20180206223528j:plain

カプセルホテルなら予約ができますし、いつでも途中外出ができるところも便利です。

利便性と快適性を考えるならカプセルホテルを選んだ方がいいでしょう。

f:id:JoeGreen:20180206224122j:plain

ここのカプセルホテルはかなり人気なようで、予約サイトで調べると早々に埋まっていることが多いです。

サウナ、カプセルどちらも料金はかなり良心的ですが、問題は浴場と休憩室のクオリティです。

f:id:JoeGreen:20180206215604j:plain
受付で会計を済ませてロッカールームへ

ロッカーは高さがあるので、リュックや大きめのバックパックでも工夫すれば入ります。

スーツケースは横幅が狭いので入らないかもしれません。

個人ロッカーとは別にフロントに貴重品ボックスがあります。

館内での飲食物、マッサージなどの会計は全てロッカー番号を店員さんに見せて退館時に後払いするシステムなので、財布など貴重品はそちらに預けましょう。

全てを脱ぎ捨ていざ大浴場へ!

大浴場は2フロアで露天風呂あり

大浴場は2フロアあります。

メインの6階フロア

  • バイブラバス(ジェットバス付きの大きなメインバス)
  • ジェットバス(定員2人)
  • 水風呂
  • ロッキーサウナ(テレビ付き)
  • シャワーコーナー
  • あかすりコーナー

階段を上がった7階フロア

  • 露天風呂
  • 塩サウナ(ロッキーサウナよりは狭め)
  • 休憩スペース(自販機コーナーあり)

個人的に大浴場の良かったところ

・露天風呂があるので長く楽しめる。

・サウナが広くて近くに休憩用のチェアがある。

・館内着とタオルは何回でも新しいものを使える。

・洗面所のアメニティが充実

露天風呂があるので長く楽しめる。

大浴場は特別広くはないですが、2フロアあるので混んでいても狭さは感じませんでした。繁華街にあるタイプのサウナ店としては普通ぐらいの広さだと思います。

7階が露天になっているのでのぼせたらとりえず7階に上がって、冷めたらまた下にという感じで行き来すればのんびりと楽しめます。

サウナが広くて近くに休憩用のチェアがある。

サウナに関しては、水風呂がちゃんと用意されていて休憩用の椅子がサウナの近くにあるので、最近サウナ水風呂休憩のループにはまっている僕にとっては理想的なセッティングと言えます。(笑)

他ではサウナ、水風呂はあるのに休憩用の椅子がないお店が結構あるのです。

館内着とタオルは何回でも新しいものを使える。

また地味に嬉しかったのが、館内着とタオルが使い放題なところです。

サウナや健康ランドでは館内着とタオルは受付でもらったものを使い続けなければいけないお店が多いのですが、ここはお風呂の入り口に自由に使えるものが大量に置いてあります。

特に小タオルは一度お風呂に入るとしばらくは乾かないので、清潔なものをいつでも使えていいです。

洗面所のアメニティが充実

f:id:JoeGreen:20180206215616j:plain

髪を乾かすドレッサールームは 広々していてアメニティが充実していました。

  • ヘアトニック
  • 化粧水
  • 保湿液
  • ヘアワックス
  • ヘアムース
  • ヘアクリーム
  • ブラシ
  • 綿棒

など

歯ブラシとシェイバーは大浴場にあります。

ヘアトニックってどこのサウナに行っても置いてあるけどいまだに使い方がわからないです。(笑)

風呂を満喫してさっぱりしたところで休憩フロアに向かいます。

休憩室はリクライニングチェアとキャビンベッドの2タイプ

リクライニング席のフロア

f:id:JoeGreen:20180206215739j:plain

リクライニング席エリアの夜10時ごろの様子

リクライニング席の数はそこそこ(おそらく40席ほど)ありますが、8割以上埋まっていて混雑していました。

いびきをかいている人がいたらかなり響くので、気になる方は耳栓とアイマスクは必須です。

f:id:JoeGreen:20180206215753j:plain

チェアがほぼ180度倒せるのでベッド代わりになります。

f:id:JoeGreen:20180206215856j:plain

席にはそれぞれ1台づつテレビが付いています。

僕はこの人をダメにするリクライニングチェアが大好きです。

出来れば家にも欲しいくらいです。(笑)

普段はパソコンにかじりつきですが、ここだとテレビばかり見てしまいます。

お風呂に入ってさっぱりした後にスポーツ中継やアニメ、ドキュメント番組なんかを適当に深夜までダラダラ見ながら寝落ちするのが気持ちいいです。

席にはコンセントも付いているので旅行中でもスマホの充電を気にせず使えます。

さらに、すぐ隣がレストランなのでこの席からでもドリンクを注文できて、席で飲むことができます

ウーロン茶でいいかなんて思っていましたが、結局誘惑に負けてビールを注文。

サウナ特有のちょっと高めの生ビールもこの堕落スペースで飲めるなら許してしまいます。

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

サウナのよさというのはなんというか、「おっさんの楽園」感がすごいところだ。

男性専用なのでおっさんばかりが大量に集まってきて、女性の目がないので基本的にみんなだらしなくだらけきっている。

~中略~

そして、自分もビールなどを飲んで、そのおっさんの群れの仲間入りをしてみるとすごく心地がいい。

pha『 ひきこもらない』( 幻冬舎、2017) 

スーパー銭湯があれば戦える より引用

まさにその通りです。(笑)

サウナでだらだらおっさんっぽく過ごすのはとても心地がいいです。

日常に疲れたり飽き飽きし始めたら適当に遠出をして、降りた街のサウナや健康ランドに入ってのんびりして、時間があればそのまま泊まったりなんてするだけで、けっこう気分転換になります。

お金もそんにかからないのでオススメの1人遊びの1つです。

キャビンベッドのフロア

f:id:JoeGreen:20180206215923j:plain

リクライニング席の他に、下の階には二段ベッドが置かれている仮眠コーナーもあります。

f:id:JoeGreen:20180206215949j:plain

サウナでは珍しいベッドタイプの仮眠室

こちらもサウナのみの利用で自由に使えます。

リクライニング席は夜中でもテレビを見ている人がいますので、いざ寝るとなるとテレビの光が気になりますし、音も漏れているので静かではありません。

静かな場所でゆっくり寝たいという方はこちらで過ごした方がいいでしょう。

漫画・雑誌コーナーあり

f:id:JoeGreen:20180206221006j:plain

f:id:JoeGreen:20180206221027j:plain

リクライニングコーナーの近くに漫画と雑誌が置いてあって自由に読めます。

冊数はそこまで多くはないですが一晩の暇つぶしには十分です。

マッサージサービス

f:id:JoeGreen:20180206221532j:plain

f:id:JoeGreen:20180206221723j:plain

アカスリ、足裏、タイ式など有料マッサージも多数楽しめます。

なかなか人気なようで順番待ちの案内放送が夜まで絶えませんでした。

 朝食バイキングは680円で種類豊富

f:id:JoeGreen:20180206222129j:plain

リクライニング席でウトウトしていたらいつの間にか寝てしまい気づけば朝の9時過ぎに。

朝風呂に入る前に館内で朝食をとることに。朝食バイキングは680円と格安です。

f:id:JoeGreen:20180206222525j:plain

値段が値段なのであまり期待していませんでしたが、予想以上に充実した朝食バイキングでとても満足でした。

メインのおかずの種類はちょっと少なめでしたが、サラダ、納豆、豆腐、ひぎじ、生卵、フルーツ、ヨーグルトなどそれ以外のメニューはかなり豊富で味も美味しかったです。

ドリンクはコーヒーやオレンジジュースが飲み放題です。

某ビジネスホテルの朝食バイキングよりは圧倒的にこっちの方がいいですね。

カプセルホテル泊の場合は朝食バイキングは無料です。

感想

f:id:JoeGreen:20180206224152j:plain

朝食バイキングを入れても1泊3580円で済みました。

この料金でこのサービスなら大満足です。京都に来たらまた利用したいです。

京都には旅行者向けの格安ゲストハウスなど安く泊まれる施設がたくさんあるので、宿泊費の予算が限られている方でも選択肢に困ることはないと思います。

その中でもサウナ泊を選ぶメリットは低料金で大浴場とサウナという旅の疲れをしっかり取れるリラックス施設が利用できるということです。

サウナの仮眠室で熟睡するのはある程度慣れが必要ですが、京都をじっくり観光してクタクタになった後にサウナに入ればいい具合に寝れると思います。

目の前が京都の観光エリアなので、お店を出たらすぐに観光をスタートできるのもいいですね。

コメント